無料で10秒で蘇る!マウスのドラッグが上手くできない時の対処法

無料で10秒で蘇る!マウスのドラッグが上手くできない時の対処法

マウスが急におかしくなっちゃいました。

ドラッグが上手くできなくなって、何度も何度もドラッグし直さなくてはいけない状態に。

解決策をネットで探して試した結果・・・

 

なんと、10秒で解決しました。
あまりにもスカッと直ったんで何故だかわかりませんが感動しちゃいました。

その方法を伝えます。

関連記事
kindleニューモデルは読みやすい?オススメできるのか?

マウスのドラッグが上手くできない時の対処法

チャタリングとは

マウスのドラッグが上手くできない状態を「チャタリング」と呼ぶようです。

ドラッグが上手くできなくなったり、クリックがタブルクリックになったりする状態で、電源のON・OFFが連続で繰り返しになっている状態です。

スイッチや部品の劣化が原因で起こる現象で、一年くらい使い続けるとチャタリングが起こる確率が上がるとか。

チャタリングが改善された方法

チャタリングが改善された方法はものすごく簡単で3つの工程です。
無料でしかも10秒でできます。

①マウスから電池を外す
②10秒間、右クリックと左クリックを連打する
③マウスに電池を戻す

すると何事も無かったかのようにマウスが本来の動きを取り戻しました。
3日間マウスで悩まされていた自分が嘘のようです。

マウスのドラッグが上手くできなくて困っている人は試してみて下さい。

 

 

一番使いやすいのはLogicoolの戻る・進むのボタンがサイドに付いたマウスです。
一度使うと普通のマウスには戻れませんよ。