フィリップスの電動歯ブラシのレビュー!致命的な弱点とは!?

フィリップスの電動歯ブラシのレビュー!致命的な弱点とは!?

3ヶ月前に電動歯ブラシを購入しました。

普通の歯ブラシを使って手で磨かないとダメだろう!
という思い込みのような気持ちから最初は抵抗があったんです。

でも使ってみると、
なんで早く電動歯ブラシに代えなかったんだろうと
180度の気持ちの変化がありました。

購入した電動歯ブラシの使い心地なんかを書いていきます。

購入したのはフィリップスの電動歯ブラシ

正式名称は、
「フィリップス ソニッケアー イージークリーン 電動歯ブラシ ホワイト HX6521/01」

その中でも一番安くて、電源オンとオフの機能があるだけのシンプルなモデルにしました。

サイズ:高さ25.2×幅3.4×奥行3.4cm
電源: AC100V-240V 50/60Hz(海外でも使用可能)
保証期間:2年
充電方式:充電式 ・充電時間:24時間
使用時間:約2週間(1日2回、2分間使用した場合)
付属機能:クリーンモード、カドペーサー、スマートタイマー、イージースタート
本体重量(kg):0.129
内容:ハンドル:イージークリーン 1 本 、ブラシヘッド :プロリザルツ プラークディフェンス(レギュラー)1 本、充電器: 1 個
付属品:プラークディフェンスブラシヘッド レギュラーサイズ1本、取扱説明書、携帯用充電器、替ブラシリーフレット

フィリップスの電動歯ブラシにした理由

フィリップスが一番有名というか、
自分が知っているメーカーだったから
安心感から購入したというのが一番の理由です。

毎日使う物なんで、知らないメーカーの物は怖いですからね。

フィリップスの電動歯ブラシの使い心地は?

電源オンとオフのボタンしかないシンプルな機能のモデルにしたので
操作は超簡単です。

一度電源ボタンを押すと2分間振動します。
磨き足りない場合は再度電源ボタンを押すと、また2分間振動します。

最初は2分では磨き残しがあるような気がしてました。
でも今は2分で満足できるようになりました。

だって、毎分約31,000回も振動しますからね!
手で磨くと考えたら何十倍・何百倍なんだよって数字ですよね。

軽く歯に当ててるだけで良いので、歯磨きが楽になりました。

フィリップスの電動歯ブラシは綺麗に磨けるのか?

磨けます!
磨けているはずです!

歯に関しては実際のデータがないんでわかりませんが、
磨いた後のスッキリ感が全然違います。

歯茎に関しては絶対の自信があります。
歯茎がピンクになりました。

今までは歯茎の色も赤っぽく、
歯磨き後に歯茎から血が出る事が多かったんですが、
電動歯ブラシに変えてからは色はピンクで血が出る事もなくなりました。

しっかり歯茎も磨けているからだと思います。

歯ブラシと比べた時の電動歯ブラシの致命的な弱点

スバリ言うと、
値段が高い事です。

フィリップスだと本体が4000円以上します。

しっかり磨けて、時間も短縮できる事がわかった現在では
コストパフォマンスの面を考えてもお得だとわかるんですが、
使った事が無い人からしたら高いと考える金額ですよね。

しかも、3ヶ月毎にブラシを替えないといけません。
ちなみに3ヶ月後のブラシは下記のようになります。

下のほうの毛先が広がってきます。

これを変えるのに、正規品だと安い物でも4本セットで2700円くらいかかります。

互換ブラシは安いですが、それでも普通の歯ブラシくらいの値段はかかります。

金額面が電動歯ブラシの致命的な弱点といえます。

歯ブラシから電動歯ブラシに変えて良かったのか?

最高の買い物をしたと思っています。

綺麗に歯が磨けて、時間も節約できて、
これ以上言うことなしです。

今後歯医者に行く回数が減る事を考えたらコスパも抜群だと思いますよ。