LINEモバイル(格安スマホ)を選んだ5つの理由&不満な点2つ

LINEモバイル(格安スマホ)を選んだ5つの理由&不満な点2つ

ずっと使っていたソフトバンクから、格安スマホ(格安SIM)に切り替えました。

どこの会社にしようか色々検討した結果、LINEモバイルを選びました。

格安スマホはどこも似たような値段なのに、なぜLINEモバイルを選んだのかをシェアします。
検討している方の参考になればと思います。

LINEモバイル
LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルを選んだ7つの理由

①LINEを毎日使ってるから

LINEのメッセージを毎日のように使ってると、自然と愛着も湧きますよね。
他社がものすごいサービスをやっていない限り、愛着があるほうを選んでしまいます。

②LINEのID検索機能が使える

他社の格安スマホではLINEの年齢確認ができません。
よってID検索機能も使えない事になります。

その点、LINEモバイルならID検索機能も問題なく使えます。
そんなに頻繁に使う機能ではないですが、使えて損はないです。

③割引がきき安かったから

ソフトバンクから他社に変える時に、LINEモバイルなら割引がきくとアドバイスされました。
実際に2つの割引があり、とてもお得でした。

割引はずっとあるわけではないだろうし、内容も変わるだろうから記載はしません。
ただ、5000円以上浮きました。

④回線はドコモとソフトバンクから選べる

今までソフトバンクを使っていたのでずっとソフトバンク回線でした。

都会だと問題ないんですが、田舎のほうに行くと電波が悪くなった事もあるので、ドコモの電波を試せるのは魅力でした。

⑤LINEがデータフリーで使い放題だから

実質、LINEモバイルの一番の魅力はここに詰まっています。


データフリーとは
LINEモバイルでは、対象サービスのデータ通信量を消費しないデータフリー機能を、各プランで提供しています。
データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)データフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

トークはもちろんの事、音声通話でも通信量がかからないのは嬉しいポイントです。
電話料金もかからないし、パケットもかからないという事になります。
毎日のようにトークや通話を使ってると、地味にパケット消費しますからね。

しかも、以下のSNSもデータフリーになります。

LINE(ライン)、Instagram(インスタ)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)
LINE MUSIC(MUSIC+のプランのみ)

これらが使い放題なのはマジでやばいです。

ただ、LINEモバイルには物足りない事もあります。
たった2つですが、あげてみます。

LINEモバイルに不満な点

①キャリアメールがない

普段あまり使わないキャリアメールですが、ネットバンクでは必要なところが多いです。
・楽天銀行ではフリーメールだと通知が届かない
・ゆうちょダイレクトではキャリアメールがないと使えないサービスがある(トークンで代用可能)

キャリアメールが無くてもなんとかできるんですが、あったほうが便利ではあります。

②データ通信が遅い時間がある

これは格安スマホならどの会社でもある程度はしょうがないかもしれません。

ドコモの電波を選んで使っていますが、昼時だとかなりデータ通信が遅いです。
大手キャリアが混雑する時間は遅くなると聞いてはいましたが、その情報通りです。

昼時はインターネットを諦める事にして乗り越えています。

 

以上がLINEモバイルを選んだ理由と不満な点です。
トータル的に言えば料金も安いし大満足です。

間違いなくオススメできます。

LINEモバイル
LINEモバイル公式サイトへ