スズメバチの小説「風の中のマリア」レビュー!困ったシーンやおすすめポイント

スズメバチの小説「風の中のマリア」レビュー!困ったシーンやおすすめポイント

百田尚樹さんの小説、風の中のマリアを読みました。

この小説、蜂(ハチ)のストーリーだという情報を知ってたんで、今まで避けてました。
だって、蜂の小説なんて面白い訳がないと思うじゃないですか。

でも、さすが百田尚樹さん。
読んでみたらめっちゃ面白かったので、感想をレビューします。

 

風の中のマリアとは

命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。著者の新たな代表作。

著者:百田尚樹
発行日:
2009年3月4日(単行本)
2011年7月15日(文庫本)
発行元:
講談社(単行本)
講談社文庫(文庫本)

風の中のマリアを読んだ感想レビュー

風の中のマリアの中の困ったシーン

読み始めはかなり気持ち悪くなりました。
虫が嫌いだから小説の内容をイメージすると気持ち悪くなるんです。

しかもオオスズメのマリアが、虫を殺して肉団子にするというエグいシーンがかなり多いんで、もう勘弁してくれ!と思いながら読んでました。

読むのやめようか?
あともう少しだけ読もうか?

迷いながら読んでいると、

「あれ?」

急に霧が晴れたように虫の事が気にならなくなるなりました。
慣れたんでしょうね笑

「ふーん、またそのシーンね」

人間の適応能力は素晴らしいです笑

風の中のマリアの面白かったところ

内容はかなり面白かったです。

オオスズメバチ最強の戦士マリアが、なんの迷いもなく戦い続ける初期。
少し迷いながらも戦い続ける中期。
色々な事を知り、動揺しながらも戦い続ける後期。

結局戦い続けるんかいっ!

オオスズメバチの本能通り、はかない生き方を全うします。

意外にも恋愛要素もあったりして、マリアに恋心が芽生えるかな?というシーンもあります。

オオスズメバチの生態がわかる事はもちろん、虫に対して今までと違った感情が芽生えてくる小説です。

かなりオススメできるので、ぜひ読んでみてください。