適正体重を1年間キープする為の、たった一つのルール

適正体重を1年間キープする為の、たった一つのルール

「体重が落ちない」
「体重をキープできない」
こんな悩みはありませんか?

実は、この記事で紹介する『適正体重を1年間キープする方法』を実践できれば、体重をキープする悩みから開放されます。
なぜなら、私が実際に実践して、約1年のあいだ適正体重をキープしているからです。

この記事では、適正体重をキープする為のたった一つのルールを紹介します。

記事を読み終えると、今後は体重の事で悩む事から開放されます。

今までは、ランニングで体重をキープしていたんですが、約1年前から運動を全くしていませんでした。
しかし、今現在も体重をキープできています。

その理由は、15時以降食べない。
たった一つのシンプルなルールです。

それだけで体重を1年もキープできるんです!
しかも、適正体重までは普通に痩せていきます。

ただ、この方法は慣れないとかなりキツイです。
慣れてもキツイんですけどね。

朝昼はどれだけ食べても問題ありません。
もうガッツリ食べちゃいましょう。
夜の分も食べておく感じで。

炭水化物ダイエットとか気にする必要はありません。
肉でも魚でも米でもパンでも良いです。

15時までに食欲を発散しておきましょう。

15時以降は何も食べてはいけません。
お水やお茶などの水分のみOKです。

夜遅い時間になるにつれてお腹が減ってきます。
特に22時くらいからはお腹ペコペコの飢餓状態かもしれません。

その状態に耐えなければなりません。
その腹ペコ状態が、このダイエット方法の中で一番キツイかもしれません。

なんとか耐えながら、とりあえず寝てください。腹ペコで眠りづらいなら、白湯を飲んでお腹をごまかしましょう。

次の朝は腹ペコで朝ごはんが待ちきれません。
そして、めちゃめちゃ美味しいです。

「空腹は最高のスパイス」と言われるように、質素だとしても最高の朝ごはんになります。

しかも、夜ご飯を食べない事で、消化に使うエネルギーも要りません。
朝起きて胃もたれも無くなります。

体重をキープできて、健康にも良い、なおかつ朝ごはんが美味しいって最高じゃないですか?

そんなわけで、1年以上体重をキープする方法は、15時以降は物を食べない事です。
たまに15時以降に食べてしまっても、元の生活に戻せばすぐに戻ります。
気楽に考えて大丈夫です!

この方法で体重をキープして、太る事への悩みから開放されてくださいね。