井上尚弥VSノニト・ドネアの試合予想&比較してみた

井上尚弥VSノニト・ドネアの試合予想&比較してみた

WBSS準決勝でノニト・ドネアがステフォン・ヤングに6回KO勝ちしました。

WBSS反対ブロックの準決勝で、井上尚弥がエマヌエル・ロドリゲスに勝利すれば、井上とドネアのビッグマッチが実現します。

「モンスター」井上尚弥 VS 5階級制覇「フィリピンの閃光」ノニト・ドネア。
ワクワクが止まりません!笑

ドネアは、WBSS準決勝で対決する井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲスついて、
「2人ともすごい選手だが、日本のことが大好きで、ナオヤのことを尊敬している。対戦できたら素晴らしい」と話しています。

井上尚弥もWBSS抽選会で「ドネアと戦いたい」と語っていました。
決勝の対戦相手予想でも「難しいけどドネアかな」と話していたので、予想的中になりそうです。

 

井上尚弥とノニト・ドネアのデータ比較

名前 井上尚弥 ノニト・ドネア
出身国 日本 フィリピン
年齢 26歳 36歳
身長 165.2cm 168cm
リーチ 171.0cm 173cm
スタイル 右ボクサーファイター 右ボクサーファイター
試合数 18 46
勝利 18 41
KO勝ち 16 27
負け 5

ノニト・ドネアのWBSS準決勝の結果と感想

結果は、ノニト・ドネアがステフォン・ヤングに6回KO勝ち。

ドネアが序盤からプレッシャーを掛け、ヤングが足を使いさばく展開。
3回にドネアの右ストレートが決まりぐらつくヤング、そこからはドネアがペースを握りました。

6回に得意の左フック一発でヤングを仕留めた姿は、全盛期を思わせるほど豪快でした。

試合後のドネアのコメント
「ステファンは良い選手で手ごわかった。ストレートが強かった」
「チャンスは絶対に来ると思っていた」

井上尚弥のWBSS準決勝の結果と感想

2019年5月18日、英国・グラスゴーで井上尚弥とエマヌエル・ロドリゲスが対戦しました。

1ラウンドは様子見もあり互角の様子。
2ラウンドで一気に勝負がつきました。

井上が右ボディからの左ショートフックを放ち、カウンター気味にロドリゲスにヒット。
するとロドリゲスが悶絶ダウン。

なんとか立ち上がったロドリゲスに、井上が左右のボディーで2度目のダウンを奪う。

かなり効いたようで苦しそうなロドリゲス。
井上の圧倒的なパンチ力に完全に戦意を喪失してます。

それでもなんとか立ち上がったロドリゲスに連打を浴びせ、3度目のダウン。
フラフラのロドリゲスを見たレフェリーが試合をストップしました。

井上尚弥、強い、強すぎます。
事実上の決勝戦と言われたロドリゲスを無傷で倒してしまいました。

観戦に来ていたドネアも、井上尚弥の勝利を喜んでいました。

井上尚弥VSノニト・ドネアいつ対戦?

井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲスのWBSS準決勝で、井上尚弥が勝つ事が条件となります。

井上尚弥の決勝進出が決定次第、開催日時が決まります。

井上尚弥VSノニト・ドネア開催場所は?

井上尚弥の決勝進出が決定次第、開催場所が決まります。

井上尚弥VSノニト・ドネアの試合予想

井上尚弥のKO勝利と予想します!

WBSS準決勝で全盛期を彷彿させる左フックでKO勝利したドネアですが、やはり全盛期は過ぎています。
36歳という年齢では、全盛期の井上尚弥を止める事はできません。

ドネアが井上尚弥に勝てない理由として、
・井上尚弥の早いジャブを見切る事ができないから、自分の距離で戦えない。
・自分の距離で戦えないから井上尚弥の強いパンチをもらってしまう。
・スピードが落ちてるから井上尚弥にパンチを当てられない。
・フェザー級からバンタム級に落としているからスタミナも落ちている。

唯一、ドネアに勝機があるとすれば、圧倒的なパンチ力でしょう。

井上尚弥のパンチもすごいですが、ドネアのパンチもまだまだ健在です。
準決勝のステフォン・ヤングにヒットした左フックが当たれば、勝機も見えてきます。

ただ、井上尚弥のディフェンスは鉄壁ですけどね笑

そんな訳で、井上尚弥KO勝利と予想します!