ルイス・ネリVSファン・カルロス・パヤノの試合予想!(追記)試合結果

ルイス・ネリVSファン・カルロス・パヤノの試合予想!(追記)試合結果

ボクシングのバンタム級で面白そうな試合が決定しました。

ルイス・ネリVSファン・カルロス・パヤノです。

山中慎介と戦ったネリと、井上尚弥と戦ったパヤノの注目の一戦です。

ルイス・ネリとファン・カルロス・パヤノのデータ比較

名前 ルイス・ネリ ファン・カルロス・パヤノ
出身国 メキシコ ドミニカ共和国
年齢 24歳 35歳
身長 165cm 165cm
リーチ 169cm 164cm
スタイル 左ボクサーファイター 右ボクサーファイター
試合数 28 22
勝利 28 20
KO勝ち 22 9
負け 2

(試合前のデータ)

ルイス・ネリの最近の試合はどうなのか?

山中慎介に勝利した後にドーピング疑惑。
再戦でも山中慎介に勝利したが、体重超過で王座剥奪と、まさに問題児のルイス・ネリ。

一番新しい試合では、ベネズエラのレンソン・ロブレスと対戦し、7回TKO勝ちを収めています。

その一試合前にはフィリピンのジェイソン・カノイに3回TKO勝ち。

その試合でネリは1ラウンド初めから、スタミナ配分を考えてないかのようにパンチを強振しています。
怖いくらいにブンブン振り回しています。

3ラウンドのラッシュはさすがです。
好機を逃さずあっさりKOしてしまいました。

問題児でも、やはり実力は本物です。

ファン・カルロス・パヤノの最近の試合はどうなのか?

井上尚弥との対戦で、衝撃の1ラウンドKO負けを食らったファン・カルロス・パヤノ。
パヤノは今まで1度もダウン経験がない打たれ強いボクサーなので、井上尚弥のパンチは相当強かったという事でしょう。

パヤノの直近の試合は、2019年3月9日にダミアン・バスケス(米国)と対戦しました。
スーパーバンタム級の名王者イスラエル・バスケスの弟で、14戦全勝だった相手に判定勝利で、再起戦を白星で飾りました。


パヤノは距離感が抜群です。
ほぼ自分の距離で戦っているような印象をうけます。

無敗のバスケスに勝った事で、自信を取り戻しつつあるかもしれませんね。

ルイス・ネリVSファン・カルロス・パヤノの試合はいつ?

2019年7月20日にラスベガスで対戦が決定しています。

この試合は、6階級制覇王者マニー・パッキャオVSキース・サーマンのWBA世界ウェルター級タイトルマッチの前座で、より注目度の高い試合となります。

ルイス・ネリとファン・カルロス・パヤノの試合予想

ネリのスピードのあるパンチにパヤノは苦戦するはずです。
早いラウンドでネリのスピードに慣れないと、パヤノは序盤であっという間にKOされるかもしれません。

それくらいネリは怖い相手です。

しかし、もしも序盤を乗り越えればパヤノ有利になっていきそうです。

ネリはスタミナに不安がありそうだし、パヤノは圧倒的にスタミナがあるはずです。
中盤以降はパヤノがポイントを取っていくと思います。

結論としては、5ラウンドまでにネリのKO勝ちと予想します。
破壊力のある連打で、序盤に勝負を決めにいくネリの勢いにやられてしまうでしょう。

井上尚弥との戦いで、パヤノは打たれ弱くなった可能性もありますからね。

予想は別として、応援するのはもちろんパヤノですけどね!笑

(追記)ルイス・ネリVSファン・カルロス・パヤノ試合結果

ルイス・ネリVSファン・カルロス・パヤノの前日計量が行われた19日(同20日)。
またしてもネリがやらかしてくれました。

1度目の計量で超過。1時間後の再計量でパスしたようですが、ネリのイメージがさらに悪くなりました。

試合結果は、

9回1分43秒、ネリがパヤノから左ボディーでダウンを奪いKO勝利しました。

予想通りの結果となりましたが、やはり残念です。
できればパヤノの勝利を見たかったんですけどね。

問題児といえども圧倒的に強いネリの今後に注目しましょう。