こんな症状の人はランナー膝!原因を知り改善していく

こんな症状の人はランナー膝!原因を知り改善していく

7月からランニングを始めました。
体重が増えてきたからダイエットの為と、ポケモンGOのタマゴを孵す為です。
running

最初は長い距離を走れなくて2,3キロでやめていたランニングですが、週に3~5回、1ヶ月続けるうちに5キロ~8キロを普通に走れるようになりました。

長い距離を走れるようになると、少しずつ楽しくなっていくのが不思議でした。
「ランニングの何が楽しいんだろう」とずっと思ってたんですけどね。

 

しかし、頑張りすぎたせいか、走ってる途中で膝が痛くなる事が増えてきました。

膝の痛みの症状

毎回4~6キロくらいで左膝の外側付近に鈍い痛みが出てきて、走り続けるうちに痛みがどんどん重くなるような感覚です。
走るのをやめて歩きだすと何故か痛みは消えます。
走った日は階段を下る時に痛みます。

調べてみると【ランナー膝(腸脛靱帯炎)】と言われている症状とほぼ同じでした。

 

ランナー膝(腸脛靱帯炎)とは

ランナーに多く発症する膝の怪我で、太ももを覆っている腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が炎症を起こした状態で、主な症状としてランニング時の膝外側の痛み。
runner-hiza
ランナー膝と言ったら腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)を指すくらい有名で、多くのランナーが膝の痛みに悩まされているようです。

 

ランナー膝(腸脛靱帯炎)の原因

●ウォーミングアップ不足(ストレッチなど)
●ランニングシューズが自分の足に合っていない
●ランニングフォームが乱れている
●筋肉の柔軟性の低下
●O脚で膝外側の骨との摩擦
●急激な走行距離の増加
●アスファルトなどの固い路面での衝撃

 

ランナー膝(腸脛靱帯炎)を治す為に取り組んでいくこと

●ランニングする回数を減らします。
週に3~5回だった回数を1~2回へ。

●走る距離を減らします。
痛くなる前にやめて膝の負担を減らす。

●走る前、走った後のストレッチを徹底します。

●使っていたランニングシューズを新しい機能的な物に変更します。

●接骨院や整骨院に通ってみます。

 

膝に負担がかからないようにして、徐々に改善されるように色々試していきます。
経過もアップしていきます。