『レッドタートル ある島の物語』を観てきた!ネタバレとレビュー

『レッドタートル ある島の物語』を観てきた!ネタバレとレビュー

スタジオジブリの最新作『レッドタートル ある島の物語』を映画館で観てきました。

red-turtle

『君の名は。』が話題すぎて気持ちが揺れましたが、ジブリ作品初の海外との共同製作という事でレッドタートルを観る事に決めました。

レッドタートル ある島の物語とは

製作国:フランス、日本
配給:ワイルドバンチ、東宝
日本公開日:2016年9月17日
上映時間:80分

第69回カンヌ国際映画祭・ある視点部門で特別賞受賞

クリエイター

原作・脚本・監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
michaelオランダ出身のアニメーション作家

2000年に発表した短編「岸辺のふたり」でアカデミー短編アニメーション賞を受賞。
『レッドタートル ある島の物語』は初長編作品で、完成に8年の歳月がかかった。

脚本:パスカル・フェラン
アーティスティックプロデューサー:高畑勲

ストーリー

どこから来たのか どこへ行くのか いのちは?
嵐の中、 荒れ狂う海に放りだされた男が 九死に一生を得て、 ある無人島にたどり着いた。
必死に島からの脱出を試みるが、 見えない力によって 何度も島に引き戻される。
絶望的な状況に置かれた男の前に、 ある日、一人の女が現れた――。

 

予告動画

ネタバレ・感想

この作品、いろんな意味で革命的でした。
セリフも無いし登場人物も少ない、狭い島で全てのストーリーが進んでいく。

 

登場人物は合計3人+1匹です。
主人公
奥さんになる女性
息子
タートル(亀)

 

セリフが無いと前もって情報を入れていたんですが、本当に誰も喋らない事に驚きました。
見終わるまでに聞いたのは「Oh~」「Wa~」くらい。

 

サバイバル系が好きな私としては楽しめたんですが、一緒に観た彼女はポカンとしていた印象でした。
デートの成功を求めるなら「君の名は。」を観たほうが正解だと思います!笑