小説「家族ゲーム」の感想☆櫻井翔主演ドラマの後に読んではいけない

小説「家族ゲーム」の感想☆櫻井翔主演ドラマの後に読んではいけない

本屋をフラフラ歩いている時、ふと目に止まったのが小説「家族ゲーム」。

去年だったか一昨年だったか、嵐の櫻井翔くんが主演したドラマ「家族ゲーム」が年末にまとめて再放送されていたのを観た時、あまりの面白さに衝撃を受けた記憶がよみがえる。

順番的に逆になるけど原作も読んでみようと思い、購入して読んでみた感想となります。

関連記事
海賊とよばれた男の感想☆岡田准一主演の実写映画も期待大

家族ゲームとは

著者:本間洋平
発行日:1984年3月19日
発行元 集英社
受賞歴:第5回すばる文学賞

家族ゲーム あらすじ

出来のいい“ぼく”と違って、グズな弟は、家庭教師を何度かえても効果なし。
高校進学をひかえ、何とかしたいと焦る母。
6人目の家庭教師・吉本の出現で、ついに変化が!
経歴も風貌も型破りな吉本は、弟を逃がさず、体育会系ノリで徹底的にしごいていく。
両親の期待は弟にうつり、優等生だった“ぼく”は、だんだん勉強をサボリ気味に…
受験に振り回される一家を描く。

家族ゲームの映画・ドラマ作品の歴史

家族ゲーム 2時間ドラマ 主演:鹿賀丈史

放送日:1982年
放送局:テレビ朝日

吉本義明 – 鹿賀丈史
沼田晶 – 岸本加世子
沼田盛男 – ハナ肇
沼田妙子 – 南田洋子
沼田茂之 – 伊藤康臣
小泉真弓 – 加賀まりこ

家族ゲーム 映画 主演:松田優作

放送日:1983年
配給:ATG
監督・脚本:森田芳光

キャスト
吉本 勝 – 松田優作
沼田 茂之 – 宮川一朗太
沼田 孝助 – 伊丹十三
沼田 千賀子 – 由紀さおり
沼田 慎一 – 辻田順一

家族ゲーム 連続ドラマ 主演:長渕剛

放送日:1983年
放送局:TBSテレビ
全6回

キャスト
吉本 剛- 長渕剛
沼田 茂之 – 松田洋治
沼田 慎一 – 三好圭一
富所先生 – 成田光子
沼田 紀子 – 白川由美
沼田 広造 – 伊東四朗

家族ゲームII 連続ドラマ 主演:長渕剛

放送日:1984年
放送局:TBSテレビ
全11回
前作とは無関係で、設定を改変し吉本のキャラクターを活かしたスピンオフ作品。
TBSオリジナルドラマ。

キャスト
吉本 剛 – 長渕剛
殿村 梨絵 – 二谷友里恵
殿村 和人 – 松田洋治
殿村 豊 – 三好圭一
和人の担任教師 – 梶三和子
「小雪」のママ – 日向明子
「小雪」の銀ばーさん – 武知杜代子
シゲル – 石倉三郎
マスオ – 西田恭平
純次 – 遠藤憲一
殿村 寅造 – レオナルド熊

家族ゲーム スペシャル アニキの家庭教師は花の女子大生・なのダ

放送日:1985年
放送局:TBSテレビ
連ドラパート1の、その後を描いている完結編。

キャスト
吉本 剛 – 長渕剛
中森 陽子 – 高樹沙耶
沼田 茂之 – 松田洋治
沼田 慎一 – 三好圭一
タカオ – 西田恭平
大泉 今日子 – 田沢令子
沼田 紀子 – 白川由美
沼田 広造 – 伊東四朗

家族ゲーム 連続ドラマ 主演:櫻井翔

放送日:2013年
放送局:フジテレビ
全10回
キャッチコピー:「壊れるまで、キミと向きあおう。」

キャスト
吉本 荒野 – 櫻井翔
沼田 慎一 – 神木隆之介
沼田 茂之 – 浦上晟周
沼田 一茂 – 板尾創路
沼田 佳代子 – 鈴木保奈美
吉本 荒野(本物) – 忍成修吾

小説「家族ゲーム」の感想

家族ゲームのドラマや映画って、色々な人が作ってきたんですね。
これだけ多くの作品が作られている小説は珍しいです。

 

原作の小説を読んだ感想ですが、
櫻井翔くんのドラマを観た後に読むと、物足りなさを感じてしまいます。

ドラマでは犯罪の匂いがする破壊的な人格の家庭教師吉本でしたが、原作では少し荒っぽいのみ。
1984年の作品なので設定も古く、結末もなんだかよくわからないまま終わってしまいました。

観る順番を間違えないようにしないといけません。
原作→櫻井翔くんのドラマ

 

櫻井翔くんのドラマ「家族ゲーム」は超オススメします。
今までに5回以上は観返していて、何度観ても楽しめる作り込まれたストーリーです。

観てない方は一度チェックしてみて下さい。