ヤクザ系のストーリーが好きな人にオススメの小説「終着駅」レビュー

ヤクザ系のストーリーが好きな人にオススメの小説「終着駅」レビュー

作者も知らない、代名も知らない小説

何気なく買って読んでみたら、めちゃめちゃ面白かった。
読み始めてからは5日で読み切ってしまったくらい、ストーリーに引き込まれました。

その小説とは、
白川道(しらかわとおる)さんの「終着駅」

終着駅とは

恋愛小説としても充分見応えがあるんですが、ただの恋愛小説ではありません。

兄弟との絆、組員からの信頼、組織内のいざこざ等、ヤクザ組織の事が緻密に書かれていて、読んだだけでわかった気になるというか、ヤクザの世界を疑似体験できます。

代紋TAKE2や土竜の唄のヤクザ系のストーリーが大好きなんですが、ここまで緻密に書かれた小説は初めて読みました。
白川道さんは元ヤクザなのかって思うくらいです。

同じくヤクザ系のストーリーが好きな方は読んでみる事をオススメします。