井上尚弥VSロドリゲスの試合予想!WBSS準決勝の無敗対決はKO決着!

井上尚弥VSロドリゲスの試合予想!WBSS準決勝の無敗対決はKO決着!

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)
バンタム級トーナメントの準決勝で対戦するのが、

WBA世界バンタム級王者井上尚弥とIBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス。

2019年5月18日に、英国(スコットランド)グラスゴーでの対戦が決定しました。

井上尚弥はホームページに、
「熱狂的なファンの前でボクシングをすることが待ちきれない。皆さんにモンスターパフォーマンスを披露します」とコメント。

ロドリゲスは「イノウエは一流で恐怖のファイター」と称賛し、「すべての人が望むバトルになる」と自信を覗かせる発言をしています。

事実上の決勝戦と言われている二人の対戦を予想します。

関連記事
バンタム級初戦はKO勝ち!?井上尚弥×マクドネルの試合予想

井上尚弥とロドリゲスのデータ比較

名前 井上尚弥 ロドリゲス
出身国 日本 プエルトリコ
身長 165.2cm 168cm
リーチ 171.0cm 169cm
スタイル 右ボクサーファイター 右ボクサーファイター
試合数 17 19
勝利 17 19
KO勝ち 15 12

二人共負け無しの全勝対決になります。

身長・リーチもほぼ同じで、スタイルもかなり近いです。

井上尚弥のWBSS一回戦の結果と感想

元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦した井上尚弥は、
1ラウンドの70秒でKO勝利。

始めて出した右ストレートがこれ以上ないというタイミングで顔面にヒットし、ダウンしたパヤノは立つことができず。

マイク・タイソンを初めて見た時の衝撃を思い出すほどのKOでした。

エマヌエル・ロドリゲスのWBSS一回戦の結果と感想

ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦したロドリゲスは、2-1でなんとか判定勝ち。

マロニーの調子が良かったという事もあると思いますが、この日のロドリゲスは微妙でした。
精彩に欠けるという表現がぴったりで、動きが鈍かったです。

井上尚弥VSロドリゲス ボクシング関係者の予想

WBSS一回戦でロドリゲスに敗れたジェイソン・マロニー

「イノウエがいつだって優勝候補の本命だ。でも、素晴らしいファイターばかりで、だからこそ自分も参戦したかったんだ。最高のマッチアップだよ。ドネアとバーネットが来週末に行われる。そして、間違いなくロドリゲスとイノウエ戦も名勝負になる。誰にだって優勝のチャンスがあるんだ」

「(井上が)マルチディビジョンの王者であることはわかっているけど、まだビッグネームと戦っていない。相手はあまりに彼に敬意を払いすぎている。彼に自分の形でボクシングをやらせてしまっている。もし、対戦するチャンスがあれば、絶対にそうはさせない。自分たちのファイトをしなければいけない。誰もが思うほど、イノウエは無敵じゃないと思う」

 

キューバ人プロモーター ルイス・デ・クバス

「マニー(ロドリゲス)はとてつもないファイターだ。準決勝でMonstruo(スペイン語でモンスター)と呼ばれるナオヤ・イノウエと戦うことになる。誰もが彼がノックアウトするだろうと言っている。しかし、私はゴメスがカルロス・サラテと戦った時のことを思い出すんだ」

 

ESPNのダン・ラファエル記者

「イノウエはボクシング界で最も目を見晴らせるファイターの1人。対するロドリゲスは無敗ではあるが、この試合が大接戦になるとは思えない」

 

ロサンゼルス・タイムズ ディラン・ヘルナンデス記者

「ただパンチもスピードもイノウエが上。ロドリゲスはKOされると思うよ。
(ロドリゲスは)ジャブを使うけど、前に進むのが好きだね。イノウエにとってカウンターのチャンスは大いにある。ロドリゲスはあまり頭が動かないんだ。今までは動かす必要がなかったんだろうね。それに、ロドリゲスはジャブを出してから戻すのが遅い。さらに頭が動かないからイノウエにとって狙いやすい
パワーがあって、パンチのバラエティが多い。上下にきっちり打ち分けられる。アッパー、ストレート、フック、パンチの引き出しが多いね。ジャズのミュージシャンみたい。フリースタイルができるんだ。118ポンド(バンタム級リミットの53.5キロ)のほうがパワーが上がっている

KOが多い選手のほうが世間には認められる。特にイノウエは何でもできる。前に出ても倒せるし、守りながらカウンターも打てる。基本的にはどんないい選手でも相手のスタイルによって、勝てない選手がいる。相性が悪い相手がいるものだ。ただイノウエはどんな相手でも対応できる」

井上尚弥VSロドリゲス 英国ファン期待の声

「モンスタータイムだ!」
「何て夜なんだ」
「グラスゴーだぜ、ベイビー・レッツゴー!!!!」
「これは本物のご馳走です」
「これは素晴らしい」
「チケット発売はいつなんだ? 生で見られるなんて凄すぎる」
「ゴジラがやってくる」
「このカードは大興奮です」
「この男はマジで野獣だ」
「スコットランドに超一流のファイトがやってくる」

井上尚弥とロドリゲスのWBSS準決勝の予想

結論から書くと、
井上尚弥のKO勝利と予想します。
8ラウンドまでに倒すと思います。

ロドリゲスは接近戦があまり得意では無さそうなので、少し距離を取ってくると思います。
しかしその距離が、井上尚弥の得意な最も危険な距離に重なります。

前半はしっかりガードを上げて防御に力を入れるロドリゲス、
しかし徐々に疲れ、ガードが下がりだした時に井上尚弥のパンチが当たりだす。
当たりだすと、あまりの破壊力にビビるロドリゲス。
その後は逃げのボクシングになり、いつの間にかKO。

そんな試合結果を予想します。

ロドリゲスはスピードも技術もあって凄く良いボクサーだと思うんですが、
井上尚弥が相手では良さを活かしきれないでしょう。

【追記】WBSS準決勝が正式決定となり井上尚弥がコメント

開催地、開催時期が二転三転し、運営のファイトマネー未払い問題も浮上して危ない状態が続いていたWBSSですが、準決勝が無事に決定した事に井上尚弥は、

「ストレスもたまりました」
「またあの舞台でできることにワクワクする。ヨーロッパではボクシングが盛り上がっている。いいパフォーマンスができればいい」と気持ちも高ぶっているようです。

 

ロドリゲスとリング上で直接フェイスオフでにらみ合った井上は

「パッと目を合わせたときに気持ちの弱さを感じた」
「目を見て、対戦相手としてリングに上がった時の威圧感を感じなかった。目をそらすというか、こいつヤバいというオーラははなかった」とロドリゲスの印象を口にしていました。

「年齢も近いですし、戦う距離感も近い。その中で日本人にはない角度で打ってくる。技術はすごい印象がある。そこに関しては楽しみです」とロドリゲスを警戒しつつも頭の中では対策ができているようなコメント。

井上尚弥が試合展開の予想も口にしています。

「中間距離での打ち合いになる」
「一方的な試合にはならない。そこは楽しみです。秒殺のイメージはない」
そう言われても、また秒殺を期待してしまいますね。

井上尚弥VSエマニュエル・ロドリゲスの試合は2019年5月18日となります。
最高の戦いを楽しみに待ちましょう!

 

関連記事
ラスベガスも注目する怪物ボクサー井上尚弥の家族構成、嫁は?息子は?