ミノキシジルの耐性と副作用!10mgを超えても大丈夫か検証

ミノキシジルの耐性と副作用!10mgを超えても大丈夫か検証

いきなりですが、
ミノキシジルは今も効果を発揮してますか?
いまだに薄毛改善に効果がありますか?

どんな薬でもそうだと思いますが、耐性ってついてしまいます。
ミノキシジルだけ耐性がつかないって事はありえません。

あんなに薄毛に効果を発揮していたミノキシジルが効かなくなってしまう日が突然きます。
私にもそんな時がありました。

もう恐ろしいですよ。
ミノキシジル以外に頼るものがないですからね。

今回は、ミノキシジルは10mgを超えても大丈夫か検証した結果となります。

関連記事
リジンは薄毛に効果があったのか?一年飲み続けた検証結果!

ミノキシジルとは

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張薬として開発された成分。
後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)の商品名で売られている。日本では一般用医薬品として各社から市販されている。

現在において、世界で唯一発毛効果が認められている物質がミノキシジルです。

私も実際にミノキシジルのタブレットを飲み発毛できました。

ミノキシジルは摂取量に限界がある

ミノキシジルタブレットは5mgと10mgがあります。

ミノキシジルを飲み始める時は、1日に2.5mgからスタートする場合が多いです。
5mgを半分に割ると2.5mgだから少ない量からスタートします。

期間が経つと耐性がつきミノキシジルが効かなくなります。

そこで2.5mgから5mgに飲む量を増やします。
するとまた薄毛が改善されてきます。

期間が経つと耐性がつきミノキシジルが効かなくなります。

そこで5mgから10mgに飲む量を増やします。
するとまた薄毛が改善されてきます。

しかし、期間が経つと耐性がつきミノキシジルが効かなくなります。
典型的なイタチごっこです。

でも、同じ事をこれ以上続ける事は推奨されていません。
医者が推奨するミノキシジルの摂取量は、1日最大10mgまでとなっているからです。

それを超えると副作用のリスクが高くなると言われています。

ミノキシジルの副作用とは

ミノキシジルは血管拡張薬として生まれました。
服用することで血管が拡張し、血流が良くなります。

ただ、血流が良くなると、今まで以上に血を送り出す必要があるので、心臓に負担がかかりすぎると言われています。

ネットの書き込み以外では、実際に副作用が出たという人を知りませんし、ミノキシジルのせいなのかも判断は難しいです。

ただ、増毛効果のある強い薬なので、なんらかの副作用はあるのではないかと予想します。

ミノキシジルが効かなくなった時は何mgまで増やして大丈夫なのか?

私のミノキシジル使用遍歴

ミノキシジルの使い始めは記録を取ってなかったので覚えてません。
10mgを使い始めた時からの使用遍歴が下記になります。

2017年3月15日からミノキシジル10mg
2018年1月26日からミノキシジル15mg
2018年4月4日からミノキシジル20mg
2018年10月26日からミノキシジル25mg

改めて遍歴を見てみると、ミノキシジルを5mg増やしても1年持たずに薄毛になっています。
かなり早い期間で耐性がついています。

そして現在はミノキシジルを25mgまで増やしています。

ミノキシジル10mgを超えても副作用はないのか?

今現在、髪の毛はどうなっているかというと、順調に増えています。
薄毛を気にする事も一切ありません。

副作用もまったくありません。
体の不調もまったく感じません。

私の場合は、ミノキシジル10mgを超えても副作用はありませんでした。

ただ、この方法は医者にも推奨されていません。
何mgまで使用するかは自己責任です。

薄毛の辛さやみじめさはわかりますが、健康はもっと大事です。
自分の体の事を考えながら使用量を考えていきましょう。


ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg


ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ10mg

関連記事
リジンは薄毛に効果があるのか?ミノキシジルが効かなくなった時に